鬼滅の刃の煉獄の強さや呼吸法まとめ!戦闘シーンや必殺技を画像で紹介

鬼滅の刃の柱の中でも特に人気なのが煉獄さんですよね♪

炭治郎・善逸・伊之助といった「かまぼこ隊」が尊敬している柱でもありますし、

数々の名言を残していることから煉獄さんファンは多いと思われます☆

そこで今回は、炎の呼吸法を極めている煉獄さんについて迫ってみました〜!

煉獄さんの強さはどのくらいなのか?

そして戦闘シーンで実際にどんな必殺技を使っているのか?

調べてみました♪

(※ネタバレも含みますので「それでもOK!」という方はぜひご覧ください。^^)

鬼滅の刃に登場する煉獄杏寿郎とは?

プロフィール

名前:煉獄杏寿郎
(れんごく きょうじゅろう)
呼吸法:炎の呼吸
誕生日:5月10日
年齢:20歳(没)
身長:177センチ
体重:72キロ
好きな食べ物:さつまいもの味噌汁
声優:日野聡

元炎柱の父親を持つ煉獄家の長男ですね。^^

独学で炎柱まで登りつめた賢才です。

柱としての実力もありながら強い精神力を持っているので、後輩隊士達から尊敬される存在となっています♪

炎柱というだけあって、情熱がある発言や行動をしているようです。

炭治郎・善逸・伊之助たち「かまぼこ隊」に強い影響を与えている、キーパーソンの内の一人ですね。^^

煉獄杏寿郎の強さはどのくらい?

煉獄さんは炎柱を務めるだけあって、当然かなり強いと思われます〜!

鬼殺隊の中でも一番上の階級が「柱」ですので、実質人間の中ではトップクラスの強さですね。^^

実際に煉獄さんは鬼の中でも下弦の壱・魘夢(えんむ)を倒してもかなり余裕がありました。

(炭治郎たちは満身創痍でしたが。^^;)

この時の魘夢は無惨の血をたくさん吸収していますので、

通常の下弦の鬼とタイマン張ったら煉獄さんが普通に勝てるんじゃないかなと思われます♪

また、その後に現れた上弦の参・猗窩座(あかざ)を相手に、身を呈して仲間を守り抜きます・・・。

上弦の鬼には人間は敵わないはずでしたが、炭治郎たちは生きて帰省することができましたね(涙)

この時の猗窩座(あかざ)との戦いで、煉獄さんは「鬼にならないか?」とスカウトを受けていました。^^;

人間のままにしておくことが惜しいと、あの上弦の鬼に認められるほどの強さを煉獄さんは持っていたんですね〜。

また、煉獄さんの訃報を聞いた柱たちの反応としては・・・。

このように、

・煉獄でさえ負けるのか

・信じない

といった発言があることから、柱の中でも煉獄さんはかなり強い方だったと言えますね〜!

煉獄さんの呼吸法と必殺技まとめ!

煉獄さんは炎柱という事もあって、炎の呼吸法に長けています。^^

なので基本的には炎を纏った必殺技が中心ですね♪

おそらく全ての型を使えるとは思いますが、今回は鬼滅の刃作中で披露した必殺技を画像付きで解説していきたいと思います!

Sponsored Link

壱ノ型 不知火(しらぬい)

力強い踏み込みで素早く相手の間合いに入って袈裟斬りを食らわせる技。

狭い列車内をうまく利用した技で、魘夢相手に使用していました。

弐ノ型 昇り炎天(のぼりえんてん)

闘気をまとわせて斬り上げる技。

炎の呼吸の中では比較的簡単な技で、素早く出せることがメリットとなっています。

伍ノ型 炎虎(えんこ)

炎の闘気を虎のように出して相手に放つ大技。

肆ノ型 盛炎のうねり(せいえんのうねり)

猛烈な勢いで前方位を斬りつける技であると同時に、ガードとしても使える便利な技。

玖ノ型 煉獄(れんごく)

炎の呼吸の必殺技で、奥義と呼ばれている技。

他の技は比較的たやすく出せる煉獄でさえも、立ち止まり力を蓄えてからじゃないと発動できない超強力な攻撃となっています。

鋼鉄に等しい猗窩座の体を削り取るために使用されました。

Sponsored Link

まとめ

今回は鬼滅の刃に登場する炎柱・煉獄杏寿郎さんについてまとめてみました!

登場期間こそわずか2巻程度と短いものでしたが、その存在感は圧倒的なものでしたね♪

なのでどのくらい強いのかについては作中の中から考察という形になってしまいましたが、

柱の中でもトップクラスなのは間違いないと思われますし、柱でさえも全く歯が立たない上弦の鬼から、

「鬼にならないか?」と誘われるほど。

そして煉獄さんが使っている炎の呼吸の必殺技が、

「不知火」「登り炎天」「炎虎」「盛炎のうねり」「煉獄」でした。

煉獄さんの戦闘シーンを映像で見たいなぁと個人的に思ってしまいましたね!^^

映画化されるようなので、煉獄さんのシーンがどのように描かれているのか?

チェックしてみたいと思います♪

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です