鬼滅の刃の炭治郎と無惨の関係は?過去に何があったのかを考察!

鬼滅の刃の主人公である炭治郎と、ラスボス的存在の鬼舞辻無惨!

現在から過去と何かしらの深い因縁がある二人ですが、果たしてどんな関係なのでしょうか?

今回はまだまだ謎多き二人の関係について、過去に何があったのかも踏まえて考察していきます〜!

鬼滅の刃の炭治郎と無惨について

竈門炭治郎(かまどたんじろう)

鬼滅の刃の主人公で、鬼を狩る組織「鬼殺隊」の隊員です。

物語の開始当初に家族を無惨の手によってなくされ、唯一生き残った妹も鬼となってしまいました。

以降は妹を人間に戻す方法を探しながら、鬼殺隊として鬼と戦う日々を過ごしています。

竃門家に代々伝わる「ヒノカミ神楽」と「耳飾り」を継承していて、こちらも未だ謎が多い部分となっています。

鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)

一番最初に鬼になった人物で、1000年の時を生きる鬼たちの総大将!

性格は至って冷徹で、部下だろうとなんだろうと気に入らないものは容赦がありません。

そのあまりのパワハラ具合は読者や視聴者からはブラック扱いされています(笑)

ねずこを鬼にした張本人で、最近では太陽を克服したねずこを狙うようになっていくのでした。

見た目を自由自在に変化させることができて、普段は人間の中に紛れ込んでいることも多くあります。

炭治郎と無惨の関係は?

炭治郎からすれば無惨は家族をバラバラにした人物であり、妹を鬼に変えた憎い存在でしょう。

無惨からすれば炭治郎は最初は特に気にもとめていない存在でしたが、

炭治郎の耳飾りを見たこと、そしてねずこが太陽を克服したことで一変します。

無惨といえども他の鬼同様に太陽は天敵なので日が射すうちは外に出られず、そのことが屈辱でした。

なので、常に太陽を克服するための方法を探していたのですが、太陽を克服したねずこが現れたことで、

ねずこを喰らえば太陽を克服できるとねずこを狙うようになってしまいます。

そして、耳飾りの件ですが、何やら無惨的に深い因縁があるようで、部下の鬼たちに花札の耳飾りを付けた少年を探せと命じます。

果たして耳飾りに対してどんな因縁があるのか、次に行きましょう!

無惨と炭治郎の耳飾り

炭治郎と無惨が初めて邂逅した時、最初は気にもとめてなかった無惨ですが、炭治郎の髪飾りを見た途端に豹変します。

その時に無惨の記憶の回想も出てきたのですが、花札の耳飾りを付けた剣士相手に追い詰められているシーンがありました。

無惨はかなり長い時を生きてるのでいつ頃のことかは定かではありませんが、過去に花札の耳飾りを付けた人物に追いつめられたことがあるようですね。

かなり強い無惨からすれば、これもかなりの屈辱だったでしょうし、耳飾りの剣士がかなり憎い存在なのは間違いないでしょう。

そしてその髪飾りを持っていた炭治郎に対して憎しみが継承されてしまったという形になりますね。

Sponsored Link

耳飾りとは一体?

上記までで何度か触れてきた耳飾りですが、これは炭治郎の家系で代々引き継がれていくもののようです。

現に炭治郎の父親である炭十郎が生きていた時は彼が付けていました。

そういった経緯を踏まえて考えると、無惨が過去に追い詰められた耳飾りの剣士は炭治郎のご先祖様ということになるのでしょうか?

こちらもまだまだ謎に包まれていますが、今後の展開が楽しみですね♪

Sponsored Link

まとめ

炭治郎と無惨の関係ですが、炭治郎からすれば家族をバラバラにして妹を鬼にした張本人なのでそうそう憎い相手です。

無惨からすれば、耳飾りの件とねずこの件で無視はできなくなった存在と言えるでしょう。

無惨は過去には炭治郎と同じ耳飾りを付けた人物に受けた屈辱があるので、恐らく関係者である炭治郎も相当憎い存在でしょうね。

まさにお互いが敵意を持っていて、主人公とラスボスというのがふさわしい関係性になっているんじゃないかと感じました!

今後、また新たな事実が判明する可能性は高いと思われますので、判明しましたらこちらに追記していきますね♪

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です