鬼滅の刃善逸の過去に衝撃!師匠や兄弟子との絆が泣ける!

普段は面白い系のキャラというイメージの善逸ですが、意外にも過去が衝撃的と話題になっています!

しかし、ヘタレ系で女好きという善逸なのであまり想像できないかも知れませんね。^^;

今回はそんな善逸の過去に迫っていこうと思います!

善逸の才能を見抜いた師匠や兄弟子との泣けるエピソードをまとめてみましたので、チェックしていってください♪

鬼滅の刃の善逸とは?

名前:我妻善逸(あがつまぜんいつ)
年齢:16歳
流派:雷の呼吸
好きなもの:禰豆子
声優:下野紘

主人公の炭治郎と同期の鬼殺隊隊士で、雷の呼吸を扱う剣士。

非常に臆病な性格で、おまけに重度の女好きというかなり困った性格となっています。

ただし、秘められている力は意外にも強く、意識を失うことで恐怖を感じない状態になると覚醒状態となり、本来の力を発揮します〜!

善逸の意外な過去

上記だけで見ると、結構おちゃらけた感じのダメダメキャラというイメージになるかも知れませんが、意外にも重たい過去を背負っているんです!

それらを順を追ってまとめてみましたので、おさらいしていきましょう!

天涯孤独の身

まず1つ目は、善逸には家族というものがいないということです。

善逸は詳細は不明ですが両親がおらず、誰からも必要とされることない幼少期を過ごしていました。

誰かの力になりたいとは思っていても、誰からも求められることはない。

もし求められたとしても、それは全て嘘、そういう生活をしていたようですね。

師匠との出会いと別れ

そして2つ目は、そんな善逸に対して唯一本気で向き合ってくれた最愛の人を失ったこと。

そもそも善逸ほどの臆病者がなぜ隊士になったかと言うと、とある人物が彼の才覚を見抜き、弟子として迎え入れたからです。

その人物こそ、元雷柱の桑島慈悟朗だったのです。

桑島慈悟朗だけは善逸のことを認め、ダメダメな善逸に対しても決して諦めずにまっすぐ向き合って指導していました。

厳しくも愛情のある指導の日々で、善逸からは「じいちゃん」と呼ばれるなど、二人はまさに家族と同じ絆で結ばれていました。

しかし、そんな善逸にできた唯一の家族も、兄弟子の謀反によって奪われる事になります。

Sponsored Link

兄弟子の裏切り

善逸には共に修行していた兄弟子がいました。

名前は獪岳(がいがく)で、善逸と彼はそこまで仲良しではないながらも、それなりに良好な関係ではありました。

しかしある日、彼が鬼と戦い敗北したことで、鬼に命乞いをしてしまいます・・・!

結果、獪岳は鬼となることで生き延びる事ができました。

一方で、自分の弟子が鬼になってしまったということで、元雷柱は責任をとって切腹してしまうカタチに。

兄弟子の裏切りによって、兄弟的存在と親的存在の師匠といった家族をいっぺんに失ってしまった善逸。

普段はおちゃらけてるように見える善逸ですが、実際はこういった悲しい過去を背負っていると考えると彼の見方も大きく変わりますよね・・・。

ちなみにですが、現在の時間軸で二人が対峙するのですが、善逸がしっかりとじいちゃんの仇を取るという形で終結!

当時はいつも見下されていた善逸ですが、成長した強さで見事にじいちゃんの仇をとってくれました・・・!

これらを一連の流れで見ると、本当に涙なしでは見れないなぁと。

善逸にこんな泣ける過去があったことが衝撃でした・・・。泣

まぁ普段はダメダメキャラでも、いざという時はやる男です!

炭治郎や伊之助という同期も一緒にいる事ですし、今後はさらに進化していくんじゃないかと期待しています♪

今後の展開に注目ですね!

Sponsored Link

まとめ

本当に善逸は、普段は面白さが強調されているので、まさか壮絶な過去があるとは思いませんでした・・・。

親がいない幼少期を過ごし、共に修行した兄弟子が裏切り、そして最愛の師匠も失う。

よくこれだけのことがあっても、しっかりと頑張っていますよね!

もちろんそれは元雷柱との絆がそうさせているんでしょうが、本当に立派です〜!

普段はあんな感じなのにギャップが凄いので、そりゃ人気になるなぁって感じですよね(笑)

では、そんな善逸の活躍をぜひチェックしてくださいね♪

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です