天気の子で雨が降り続く理由は?晴れにする方法は?

 

君の名はの大ヒットで世界にその名を広めた悉皆真監督の最新作「天気の子」!

そんな待望の新作が2019年7月19日に全国公開されます!

天候を題材に恋愛要素やSF要素を盛り込んだ新海監督らしい作品との評判で公開前から話題沸騰中ですね♪

今回はそんな天気の子のちょっとした謎の部分、雨が降る理由や晴れさせる方法について個人的に考察していこうと思います!

雨が降り続く理由は?

天気の子は予告動画やあらすじなどからわかるのですが、とにかく雨が多いです!(笑)

しかも小雨とかってレベルではなくかなり豪雨に近い降り方をしてるんですよね。

主人公である帆高に対してですが、ナレーションでこんな言葉も出てきます。

「彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨」

こんな感じで、恐らく東京と思われる街は毎日雨続きとなっているようです。

では、なぜそんな雨続きなのか、その部分を個人的にいくつか考察していきたいと思います!

考察その1 ただの偶然

これは夢もなにもない超普通の理由ですが、ただの偶然ではないか説です(笑)

連日という言葉は出てきてますが、連日って言うことは長くても1週間くらいかな?って思うんですよね。

仮に1ヶ月以上ならとかなら1ヶ月以上って言うと思いますし。

まぁ1週間でもめったにないことではありますが、たまたま梅雨時期とか色々と条件が重なれば数日雨続きくらいはあるのではないでしょうか?

というわけでまずはただの偶然という考察ですが、これではあまり面白くないので次に行きましょう(笑)

考察その2 異常気象

作品のキャッチコピー的なもので語られているのが、

「天候の調和が狂っていく時代」

という言葉が出てきます。

天候の予定調和が狂ってるというとやはり異常気象ということになるのではないでしょうか。

狂っている理由がわからないのでなぜ異常気象なのかは明言できませんが、自然の力か人為的なものか?

はたまた天気の神様の怒りなのか・・・。

何かしらの理由で世界は雨続きという異常気象になってるのではないかというのが考察2ですね。

考察3 帆高の心情とリンク

これはなんというかSFチックな考察になるのですが、

主人公の帆高は結構荒んだ気持ちで東京で働いていたので、本人も雨は自分の気持を表しているようだと言っています。

彼の気持ちというか、そういうものが天気に影響を及ぼす力を持っている。

帆高はいわゆる雨男で、そんな帆高を助けるために晴れ女の陽菜が現れた。

そしてそんな二人が結ばれる・・・。

そうなると、なんだか素敵ですね(笑)

Sponsored Link

晴れにするには?

というわけで、雨については色々語ってきましたが、ではどうやって晴れにするのか?

こういった部分も気になる部分ですよね!

晴れにする方法は結構予告やあらすじでも大々的に発表されていて、ヒロインの陽菜には不思議な力があるのですが、

「それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だった」

そう、陽菜という女の子は祈るだけで雨をやませて晴れさせる事ができるのです!

晴れ女の中の晴れ女、スーパー晴れ女ですね(笑)

彼女が荒んでいた帆高の気持ちと一緒に空も晴れさせたことが、恐らくこの映画の始まりの部分となるでしょう。

なぜ晴れさせれるのかとかはまだ謎なのですが、この力がかなり物語に関わってくるので楽しみですね♪

Sponsored Link

まとめ!

天気の子の雨と晴れについて考察してきましたが、雨が降る理由の考察としては、

● 偶然
● 異常気象(神の怒り?)
● 帆高が雨男

あくまで考察ですがこういった感じで予想させていただきました!

晴れにする方法は陽菜ちゃんにお祈りしてもらう感じですね(笑)

実際の理由はどうなのか、映画をご覧になった方がいらっしゃいましたら書きコメント欄にメッセージいただけると嬉しいですね♪

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です