アルキメデスの大戦は実話?モデルや模型となったものに衝撃!

人気漫画の「アルキメデスの大戦」が実写映画化されることが決まりました!

1930年代を舞台に、激しい大戦とその裏側を描いたことで、歴史好きの方や軍艦好きの方から高い人気の作品ですね♪

そんなアルキメデスの大戦ですが、内容がとてもリアルなことも人気の秘訣となっています!

今回はそんなリアリティある設定は果たして実話なのか?

迫ってみることにしました!

さらに、モデルとなった人物や模型についてもご紹介しますのでチェックしてください♪

アルキメデスの大戦とは

出典元:archimedes-movie.jp

ヤングマガジンで好評連載中の漫画で、原作者は「ドラゴン桜」で有名な三田紀房さんです。^^

1930年代の日本の軍隊をメインに、戦艦大和の建造を巡った争いを描いています。

戦艦大和を作ろうとする海軍に対し、建造反対を唱える山本五十六は、天才数学者の主人公・櫂直(かいただし)を軍に引き入れることに。

戦艦大和を作りたいがために不当に安い予算で作ろうとする軍部に対し、その陰謀を暴くために招集された直。

その中で、他にも様々な問題に直面していくことになるのでした。

といったストーリー内容になっています〜!

アルキメデスの大戦は実話なの?

冒頭でも書きましたが、作品内容自体がとてもリアリティがあり、専門用語なども多いのでとても現実味がある作品です。

なので、実際に大和建造の裏ではこういう事があったのではないかと信じてしまうと思いますが。

アルキメデスの大戦は実話ではありません!

確かに登場人物には実在の人物の名前も使われていて、戦艦なども実在の戦艦の名前を使用していますが、

あくまでストーリー自体はフィクションとなっています!

山本五十六や戦艦大和という実在の人や物が出てきますし、変にSFでもないので、かなりリアリティがあって実話っぽいんですけどね。^^;

主人公である直も架空の人物で、こちらもはモデルなどもいないよう。

完全のオリジナルのキャラとなっています!

まぁ冷静に考えると、天才が止めようとしたにもかかわらず、現実では戦艦大和は完成してしまっていますからね。

個人の見解ですが、もし本当に直と五十六が止めようとしたなら現実でも戦艦大和は完成しなかったと思います。

モデルとなった人物

上記でも書きましたが、主人公の直は完全にオリジナルでモデルなどは存在しません。

他のメインキャラですが、何人かはほぼ実名のままの登場となっています。

山本五十六や永野修身など、軍隊に詳しい方なら馴染み深い名前が何名か登場されています!

一方、名前こそ違うけど実在した人物をモデルにしたキャラクターも出てくるので、そちらをご紹介しましょう♪

平山忠道

こちらのキャラクターは海軍の艦艇設計に従事していたことでも有名な平賀中将こと平賀譲がモデルとなっています。

かの有名な妙高型など、かなり火力の高い戦艦を設計したことでも有名ですね!

藤岡喜男

こちらも平山同様に艦艇設計に従事していた藤本喜久雄がモデルとなっています。

斬新なアイデアで、後の巡洋艦や駆逐艦に大きな影響を与えた人物としても有名な方ですね。

Sponsored Link

模型が凄い!

出典元:http://higekumatoytoy.blog60.fc2.com

広島県呉市にある大和ミュージアムには10分の1サイズの戦艦大和の模型が飾られています〜!

調査によって最新の情報を元に再現された模型となっていて、新しい情報が入ればすぐに改造されています。

現在の映画や漫画の大和はほぼこちらの模型をモデルに作られているそうですね!

他に様々なものが展示されているようですので、気になった方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか♪

★公式HP:大和ミュージアム★

Sponsored Link

まとめ

アルキメデスの大戦は実話ではなくフィクションとなっています!

中には実在した人物や戦艦が登場しますが、ストーリー自体はオリジナルの話ですね。^^

それでもとてもかなりリアリティある内容で、まるで史実かのように感じられるのが本作の魅力とも言えるでしょう!

【実在する人物】

山本五十六

永野修身

【実在する人物がモデルのキャラ】

*平山忠道

*藤岡喜男

また、戦艦大和の模型は大和ミュージアムに飾られていることが判明!

気になった方はぜひ映画や原作をチェックしてみてください♪

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です