天気の子の陽菜はなぜ晴れにできるのか予想考察!

 

新海誠監督に最新作「天気の子」が2019年7月19日に全国公開されます!

「君の名は。」でその名を世界にまで知らしめた新海監督の3年ぶりの新作ですので、日々話題沸騰となっていますね♪

今作はタイトルからもなんとなくわかると思いますが、天気や天候と言ったことをメインテーマに据えています。

そんな作品の中に出てくる天気を操れる少女「陽菜」

なぜ陽菜は天気を操って晴れにできるのか、個人的に考察していこうと思います!

陽菜は天気を晴れさせれる?

陽菜は天気の子のメインヒロイン的な女の子で、この物語のキーパーソンです!

見た目は明るいタイプで性格も優しく、いい意味で普通の女の子なんですけど、彼女は不思議な力を持っているのです。

「ねぇ、今から晴れるよ」

少しずつ雨が止み、美しく光り出す街並み。
それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だった――

参考元:予告動画

そう、陽菜は雨をやませて晴れさせることが出来るのです!

「君の名は。」の時も思ったのですが、意外とSF要素多いですよね(笑)

さて、なぜ陽菜はそんな天気を操る能力を持っているのか?

個人的にいくつか考察していこうと思います!

考察1 天気の神様

ベタな考えかもしれませんが、陽菜は神様的なものの生まれ変わり、もしくは下界での仮の姿、そういう類のものなのではないでしょうか?

世界中の神話にはほぼ必ず太陽神であったりが存在しますからね。

アマテラスなんて名前からして天照だから思いっきり晴れさせてくれそうな神様ですし(笑)

理由などは正直説明はできないのですが、転生であったり憑依であったり何かしらの理由があって陽菜は神の力を使えるのではないかと予想します。

神だった頃の記憶とかそういうのは都合よく忘れてるというパターンで。

あとは、弟と二人暮らしで両親がいないっぽいのですが、もしかしたら家族で事故か何かにあって、瀕死のところを兄弟二人は天気の神様に助けられ、

その時になにかの拍子で神様の力を授かった、みたいなパターンもあるかもしれません。

かなり無理やりな予想になりましたが、不思議な力となるとやはり神的なものを想像してしまいますよね(笑)

Sponsored Link

考察2 人為的な力

これもまたかなりSFな考察になってしまうのですが、

上記で軽く触れたのですが、陽菜は弟と二人で暮らしています。

上記の事故の下りと同じ流れで、瀕死の二人を助けてくれたのが国家ぐるみの科学者で、弟の命を救う代わりに・・・。

みたいな感じで、最終晴天兵器「陽菜」として改造されてしまったのではないか・・・?

そのかわり二人の生活は保証するということで、弟と二人で東京で生活できている。

改造された理由としては、何かしらの予測でわかっていた来るべき世界の危機となる大豪雨へ立ち向かうために改造された・・・。

うーん、なんかこんなようなアニメがあったような(笑)

新海さんの作品じゃなかったらなくはなさそうですが、新海監督は多分こういうのはなさそうですね。

考察3 自然・偶然的

超奇跡と偶然が重なって、たまたま祈ったタイミングで晴れる。

いわゆるものすごい運がいい星の元に生まれたのが陽菜だった!

実は最初に思いついたのがこれなんですが、これじゃ映画にならないですよね(笑)

でも、もしかしたらなんですが、本当に晴れさせれる理由については言及しないなんてこともあり得るかもですよね。

そこは視聴者の好きなように想像して、みたいな感じで。

君の名はのその後も想像に任せるパターンでしたし、でもそうだとしたらなかなかモヤモヤしますけどね…(笑)

Sponsored Link

まとめ

というわけで、今回は陽菜がなぜ晴れさせれるかという部分の考察をしてみました!

考えること自体は好きなんですが、やはり情報が少なすぎてかなり無理やりになってしまいました(笑)

個人的にですが、やっぱり神様系の何かが可能性としてはありえるかなーと思います!

実際は果たしてどんな理由なのか、映画をご覧になった方がいらっしゃいましたら、下記コメント欄にメッセージいただけると嬉しいですね☆

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です