人間失格の浮気が実話でやばかった?3人の女たちの恋愛関係まとめ

走れメロスなどで有名な太宰治さんの遺作「人間失格」が小栗旬さん主演で映画化されますね!

ただ、今回の映画は小説の映画化というわけではなく、人間失格が書かれるにあたって3人の女性の視点から映画化された作品となっています。^^

タイトルにもある3人の女と主人公の太宰治との関係など、かなりやばそうな雰囲気がありますが・・・。

どうやら実話だという噂があるようなので、本当なのかどうか調べてみました!

登場人物たちの恋愛関係についても迫ってみたいと思います。^^

人間失格の浮気は実話でやばいって本当?

出典元:公式サイト

今回の映画のキャッチコピーは「死ぬほどの恋。ヤバすぎる実話。」となっています。

ということは「完全に実話なのか?」と思われる方も多いのではないでしょうか?

なので調べてみたところ、実際のところはフィクションとなっていることが分かりました!

今回の映画は太宰治が執筆された「人間失格」の作品を実写化した訳ではなく、

「人間失格」が執筆される前の太宰治の女性関係を描いた作品になっています。^^

いろいろと名作を世に残してきた太宰治ですが、人間関係やその生涯はかなり浮き沈みの激しいものでした。

そんな彼が描いた原作本の人間失格はとても生々しく、太宰治目線で書かれている部分も多いので実話だと言われてはいますが・・・。

それも肝心の太宰さんが故人ですので確かめようもありません。

今回の映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」も同じような感じで、きちんとした情報や記録から作った作品ではありますが、

あくまで事実を元にしたフィクションになっているんだそうです!

ただ、ストーリー内容こそフィクションではありますが、登場する人物は実在した人たちを映画に起用されています。

なので、全てが全てフィクションと言う訳ではありません。^^;

調べてみると、太宰治は本当に3人の女性と関係を持っていたことが、記録や遺書などから明らかになっていました〜!

太宰治には妻と子供がいますので、これって浮気または不倫になりますよね??

う〜ん、今の時代だったらすごくバッシングがありそうだなと感じましたが。^^;

当時は浮気や不倫って、別に大したことではなかったのかもしれませんね〜。

なぜだか小栗旬さんが太宰治役を演じられるのが、しっくり来るように思います(笑)

太宰治と3人の女性たちとの恋愛関係まとめ

出典元:公式サイト

それでは、映画のタイトルにもなっている3人の女とは誰なのか?

調べてみると、この3人の女というのは「妻」「愛人2人」となっています。

映画のストーリー自体はフィクションですが、彼女たちは実在していて浮気も事実です!

妻がいる上で愛人という単語がすでにいろいろとやばい気配がしますが・・・。

それぞれの女性と人間関係を分かりやすく簡単にまとめてみました!

妻:津島美知子

太宰治の正妻で元々は高校教諭をされていたのが島津美知子ですね!

26歳のときに太宰と出会って翌年に結婚。

太宰との間には3人の子供もいます。

太宰治の作品で度々登場していて、実際の太宰の遺書には「誰よりも愛していた」と書かれていました。

映画では宮沢りえさんが演じられています♪

浮気相手1:太田静子

元々は太宰治のファン的な立場から恋愛へと発展した太田静子!

妻の美知子の目を欺くために、太宰の弟子という形をとっていました。

太宰治との間に1人の子供がいて、その子も作家として活動されています。

映画では沢尻エリカさんが演じられていますね〜。

浮気相手2:山崎富栄

太宰治と偶然の出会いからいろいろと繋がりもあり恋愛に発展していったのが山崎富栄です!

富栄と太宰の関係で切っても来れないのは「死ぬ気の恋愛」という言葉でしょう。

お互いがその言葉を用いていて、そしてその言葉通りに二人は一緒になくなります。

一節では太宰治と共になくなることを願っていた富栄が、太宰治と共にあの世へいくために太宰を手にかけた、などと言われていますが・・・。

残念ながら、すべての真相は闇の中となっています。

映画では二階堂ふみさんが演じられていますね♪

Sponsored Link

実際の恋愛関係の真相は?

先ほど紹介した女性3人は実在していた女性たちです!

太宰治は妻のことを嫌いになったから浮気したワケではなかったようですね。

実際の太宰治の記録を確認してみたところ、どうやら妻の美知子と同じくらい愛している女性がいたみたいでした。

その頃太宰治は美知子と結婚していたのですが、静子から積極的にアプローチされ、そのまま関係を持ったみたいですね。^^;

そして寂しさからか、美知子も浮気をしてしまいます。

それが後々太宰にバレてしまうことに・・・。

この件で太宰治は落ち込んでしまい、さらに他の女性にのめり込んでいく、といった悪循環だったそうです。

また、富栄の実際の遺書によると、富栄は静子のことを知っており、

太宰治を奪ってしまうことへの謝罪が書かれていました。

富栄はもちろん妻の美知子の事も知っていたと思いますし、太宰治と3人の女性たちとの恋愛関係はかなり微妙で複雑な感じがしますよね。

そして、太宰は最後には富栄と共に川へ入水。

38歳の若さで旅立たれてしまいました。

こちらが実際の太宰治ですね。^^

実際のところ、太宰には3人の女性の他にも数名の女性がいて、何人かの女性と川へ入水されていた過去があることが分かりました。

結論、太宰治は本格的に女性が好きで、苦しいことがあったり現実から逃げようとするたびに女性のもとへ逃げていたようです。

映画では、このような太宰治を監督の蜷川実花さんがどのように描いているのか?

注目して見てみたいですね〜!

Sponsored Link

まとめ

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」は実話を元にしたフィクション作品です。

登場人物やある程度の設定は実話ですが、ストーリーとしてはフィクションとなっているようですね♪

3人の女性とは「妻」と「浮気相手2人」のことで、かなりドロドロした人間関係となっています。

今の時代から考えると、結構やばい恋愛事情ですよね〜!

太宰治自身はもうすでにいませんので真相とは多少は違う部分もあるかもしれませんが、どのように映画が描かれているのか?

とても楽しみな作品となっていますね♪

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です