ダイナーの映画のオオバカナコ役は玉城ティナ?画像を比較!

 

2019年7月5日公開の話題の映画「DINER(ダイナー)」!

ホラー界の巨匠、平山夢明さん原作の小説が実写化不可能と言われながらも、奇跡の映画化となりましたね。^^

出演俳優も主演の藤原竜也を始め、小栗旬や窪田正孝など、今をときめく人気俳優から実績抜群のベテランとまさに豪華な顔ぶれです!

今回はそんなダイナーの中で、主人公&ヒロインを兼ねたオオバカナコ役は誰なのか?

原作ファンとしては、どれくらい再現してくれてるのか?

気になりますよね?

そこで今回は、オオバカナコ役を務める玉城ティナさんについて迫ってみました!

実際に画像も比較していきたいと思います♪

映画「ダイナー」とは?

出典元:https://hmayshop.com

ダイナーの主人公的ポジションとヒロインを兼ね備えたオオバカナコ。

元々は普通の生活を送っていましたが、常に金欠でした。

ある日、ちょっとした好奇心とお金欲しさに怪しいバイトに申し込んでしまうのですが・・・。

そのバイトが裏社会に関わるやばいバイトでした。

そのバイトのせいで裏の組織に捕まり、人身売買にかけられてしまうものの買い手がつかず。

山中に生き埋めにされかけたカナコ。

「料理が出来るから役に立つ!」と叫んだことで、奇跡的に買い手がついて助かります。

しかし、買い取られた先は裏社会専門のレストランでした。

カナコを買い取った店主のボンベロは、元腕利きと名を馳せた、その道のプロだったんです。

店主も客もヤバい人達という狂ったレストランで唯一、カナコは一般人。

果たして無事に生き残ることは出来るのか?

というストーリー内容になっています♪

裏社会専門のレストランで起こるたくさんのトラブルを描いた、サスペンスとバイオレンスな作品ですね!

オオバカナコを演じるのは?

出典元:https://gingerweb.jp

演:玉城ティナ

そんなメインヒロインのオオバカナコを演じるのは、沖縄出身の人気のハーフモデルの玉城ティナさん!

アメリカ人の父親と日本人のお母さんから生まれて、ハーフらしい端正な顔立ちと素晴らしいスタイルでデビューしました♪

そして瞬く間に人気モデルとなりましたね!

ViVi専属モデルを務める傍ら女優や歌手としても活動していき、2019年にViViのモデルを卒業。

女優としては闇金ウシジマくん地獄少女などに出演されているとのこと。

モデル時代では見られなかった一面などを見せ、女優としても大活躍されています!

Sponsored Link

原作漫画と映画のカナコを比較

原作ファンとしては、キャラの再現度が気になるところですよね?

実際に、実写化にあたって原作のイメージとぜんぜん違う、とか結構多いです。

そういうのって原作ファンからすれば結構がっかりしてしまいますよね?

まぁ、それはそれだから別、と割り切れたら楽なんですけどね・・・(笑)

そこで今回は原作漫画と映画のオオバカナコを比較してみたいと思います!

まずは原作漫画のオオバカナコ!

こんな感じで可愛らしい雰囲気の女の子ですね♪

基本的にはメイド服姿が多いです。

これはかなり状態がいいカナコですが、漫画では結構やばい顔とかグロい顔も見せてくれていますよ〜。

ここでは割愛しますね(笑)

そして、映画でオオバカナコを演じる玉城ティナさん!

出典元:https://hmayshop.com

比較するとこの様になりました!

いかがでしょうか?

個人的にはボブ風な髪型とメイド服が漫画と同じだな〜と感じています。^^

ですが、ハーフっぽさとか髪色とかメイド服の色など。

ツッコミたくなる様な細かい部分もありますが、それなりにしっかりと寄せていると思います♪

原作漫画では普通の女の子って感じの設定ですが、映画になると結構かわいいしスタルも良いので楽しめそうだなと感じています〜!

人気モデルの玉城ティナさんのメイド服姿が見れるってだけでも十分かもしれませんね(笑)

Sponsored Link

まとめ

映画「ダイナー」でオオバカナコを演じるのは人気モデルの玉城ティナさんでした♪

モデル以外にも女優や歌手、タレントとしても活躍されてるハーフモデルさんですね!

今回の映画ではメイド服姿でかなり難しい役に挑戦されているようです。

豪華な俳優・女優陣の中で、どんな演技を見せてくれるのか?

注目してみたいと思います。^^

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です